『Jリーグ再建計画』を読んだ。

スポンサーリンク

ポストシーズン制の導入、秋春制への移行の検討、クラブライセンスの導入、日本代表選手の海外移籍によるJリーグの空洞化などなど・・・2013年にJリーグ開幕20周年を迎えたわけだが、Jリーグが抱える問題は多く、あまり明るい感じではない。

『Jリーグ再建計画』を読んだ。これは2014年5月刊行。

なかなか読みごたえがあっておもしろかった。さくさく読めた。自分の興味関心が高い内容だから当然なんだろうけど。

Jリーグ好きなんだけど、スタジアムに行ったことってほとんどない。なんだろ。特定のチームのサポーターではないし(セレッソは好きだけど)、歩いていける、もしくは自転車で行ける、もしくは電車で10分で行ける距離にスタジアムがないという理由もある。もっぱらテレビ(NHK、BS)での観戦になる。それも毎週違うチームの放送になるので、どこか特定のチームの試合が見たいとかではなくて単純にサッカーが好きだから見ているということになる。

結局おれみたいなサッカー好きのライト層は1円もお金を落としていないので、こういうライト層にいかにお金を落とさせていくのかが課題のひとつでもあるのかな。

地元にクラブチームがほしい。地元にサッカー専用スタジアムがほしい。歩いていけるなら毎週行く。

Jリーグ再建計画 (日経プレミアシリーズ)

Jリーグ再建計画 (日経プレミアシリーズ)

Amazonで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

タイトルとURLをコピーしました